うつ病実践経験者がうつ病患者との接し方や家族等々も含めての薬に頼らない治し方を紹介します。

 

霊力,マナパワー,文化,生活の豊かさ,メンタル,頭と体

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイでは、うつ病の人は極端に少ない?何故・・・

004_20140827181012ce2.jpg


今日は日本人が好きなハワイの話題からです。
ハワイは日本人にとって馴染みの深い場所です。

それは単に観光客が多いというだけでなく、
かつて日本人が多く移住し、ハワイ各地に
日本人としての文化を残しています。

例えばアロハシャツ。

日本人移住者が農園で働く時に着ていた作業着は
「パラカ」と呼ばれる開襟シャツ。

これは「絣(かすり)」に風合いがよく似ており、
日本人は好んで着用していました。

このパラカシャツがアロハシャツの
原型といわれています。

そんな日本と深いつながりのあるハワイでは
霊力(マナ)を大切にしています。

ハワイアンダンスに用いられるレイは、
自然から“マナパワー“を得る為の物として使われます。

一方日本では霊力は神社仏閣に集中しています。
参拝するのは神社やお寺ですよね。

しかし、太古の日本では森や大木、岩などを
ご神体としていました。 つまり、
“自然”のものに霊力があると…。


また、ハワイにも日本人移住者が建設した
神社やお寺があります。

そのような共通点や歴史から、日本人はハワイに行くと
落ち着いたり、ワクワク感が増すのかも知れません。

そのハワイでは、うつ病の人は極端に少ないのです。
なぜでしょう・・・?

この疑問を解明することで、うつ状態から脱出する
あるヒントが見えてきます。

============
■ ハワイと日本の違い
============
ハワイと聞いて
どんなイメージがありますか?

・ 太陽が輝く場所
・ 海とヤシの木
・ 大自然の宝庫
・ ウクレレ、ダンス

・・・どれも暗いイメージは
ありませんね。

日本とハワイのイメージの違いは、
基本的に「陰」「陽」という感じがしませんか?

「わびさび」に象徴される物事の深みに
文化や生活の豊かさを見出す日本。

一方「フラダンス」
象徴されるハワイの表現方法。

フラダンスは神々を崇めるための
神聖な儀式の一環 として生まれ,
現在でも引き継がれています。

大自然の営みを
大自然の中で表現するダンス。


この“陽”の部分がうつ病予防に、
なっていると考えられます。

さらに大自然を常に身近に感じる風土や
慣習がメンタル的に強くさせて いるのだと思うのです。

============
■ うつ病改善の考え方
============
ハワイの環境からみると次のような
うつ病改善策が考えられます。

1)大自然に触れる機会を増やす
2)太陽光を浴びる時間を増やす
3)物事を頭だけで考えず体も動かす

特に3つめは、うつ病患者にとって
非常に困難な 方法かもしれません。

しかし、人間の底力は想像以上なんです。

例えば、
・文字を書くことで手は動きます。
・メールを打つことで指は動きます
・絵を描いたり、塗り絵をすることで
 脳にイメージが残ります。


頭と体を動かすリハビリを考えてみてください。
3歳児が行うようなことからでも大丈夫です。


少しずつ体を動かすことが大切です


スポンサーサイト
ジャンル : 心と身体
【 うつ・不眠症解決 】
カテゴリ
最新記事
【 うつ病改善・回復 】
ユーザータグ

うつ病患者との接し方 改善意欲 共に歩く うつ病改善具体策,精神的ストレス,人間本来のリズム, 介護 実践経験 うつ病 克服 家族協力 治療方法 西洋医学と東洋医学, うつ病診断, 肥満症,糖尿病,生活習慣病改善,食事指導,運動 ダイエットできた,血糖値が下がった ,高血圧が治った ,肌がきれいになった 心の病,意思疎通,脳の病気, 緊張,心臓の鼓動,うつ病に効く音楽 混合医療,うつ病治療,睡眠障害, 霊力,マナパワー,文化,生活の豊かさ,メンタル,頭と体 ヒーリング音楽,人間,体,振動,精神疾患, 大切な人の未来,癒しの宝庫,勇気と愛情,笑顔を忘れず, 

リンク
携帯用アフィリエイト