うつ病の症状、そして治し方のブログ

うつ病実践経験者がうつ病患者との接し方や家族等々も含めての薬に頼らない治し方を紹介します。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病患者との接し方

004.jpg

このレポートはうつ病患者と接する方々を
対象にしていますが、内容は患者本人への
メッセージ形式にしています。

あなたが患者のサポーターの場合、
これからお伝えする内容を分かりやすい言葉で、
患者ご本人へ伝えてほしいのです。

その過程で、うつ病患者の気持ちを理解し、
うつ病も改善に向かうという同時進行ができます。

世間には「患者との接し方」などという本や
情報もありますが、患者本人になった気持で
情報を見ることが一番の近道だと考えています。

ただ、先にサポーターとしての心構えを少しだけ
おさえておきたいと思います。

==========
■本人へかける言葉
==========
◆頑張れ!
「今は辛いけど、頑張れ!」と、
本人へ言うとどう受け止めるでしょう。

「頑張りたくてもできない・・・」
「この苦しみ、辛さがわからいから他人事なんだ」


励ますつもりが、誤解を招き、本人の状態がさらに
悪化する原因を生んでしまいます。

だから、励ますにはこのように言うと良いです。
「一緒に頑張って改善しよう!」

“頑張れ”ではなく“頑張ろう”です。

これは、「本人と歩調を合わす(共に歩く)」
という気持ちを伝えることの一例です。

◆無理しなくていいよ

「しんどいなら無理しないでいいよ」
「私に気を遣わないでいいよ」


本人を気遣うつもりで発したこの言葉は、
本人の気力(改善意欲)を奪い回復を
遅らせる原因になります。



このように変えてみましょう。
・「絶対無理してはダメ!回復が遅れるから」
・「好きにしてくれると私も気が楽です」

この例は本音が「分かるように」伝えるということです。
気持ちはストレートに伝えることが大切です。

この2点を意識してみてください。
これは、私自身の経験から出たものです。

うつ病患者は周りの人の態度や言葉に敏感です。
「どうせあなたに、この苦しみはわからない」
言われるとお互いにストレスばかり増えていきます。


それでは、うつ病に罹った場合の気持ちを
推し量っていきましょう。

====================
■ ここから患者本人へ向けたメッセージです
====================
<はじめに>
これからあなたを患者本人だとして書いていきます。
自分がうつ病になったつもりで読み進めてください。

<ここからメッセージです>
あなたは、改善しようという意欲を持っているでしょうか。
行動は問いません。

・症状を少しでも和らげたい
・改善させたい
・なんとか治したい
・普通の社会生活がしたい

そんな気持ちが、あれば大丈夫です。

今後紹介する内容は、実践方法と情報を
織り交ぜていきます。

出来るもの、理解できるものを
あなたのペースで取り入れてみてください。

一つずつでも良いですし、
試してだめなら、後回しにしても構いません。

順序より“試す”ことが大切です。
必ず、成果は出てきます。


うつ病はじっくり時間をかけて治す必要のある
病気なのはわかりますよね。

長い目で見ていく場合、まず心と脳に
その準備をさせないと、すぐに挫折を味わいます。

しかし、強い心や深く考える脳は
必要ありません。


今大切なのは、本来の「自分」を見失わないことです。
今の自分ではなく、「本来あるべき自分」なのです。

これ、重要なのでしっかり、この言葉を
何度も繰り返してください。

【“本来あるべき自分”を見つめる方法】
◆今の気持ちを日記やメモに書く習慣をつけていく

・思ったこと、感じたことを書く。
・書きたくない時は「書きたくない」と書く。
・文字で書くのがしんどい時は絵で描く。

文字や絵で気持ちを表現することを
日課にしましょう。

・「今日は部屋に置いた花がきれいに見えた」
・「食欲がないけど、お茶の美味しさだけはわかった」
・「足腰が痛い」

こんな感じで、頭の中を目で見える形にするのです。
そして、できればそれを家族や親しい人に見せてください。

そうすることで、自分の気持ちが確かめられ、
親しい人に自分の現状を分かってもらえます。

うつ病
と正面から向き合う気持ちを持ちましょう。
その心の準備ができたら、少しずつ脳と体の
リハビリをして暗く落ち込む時間を減らしましょう。

大丈夫です。病気だから治る方法はあります。
元の生活に戻れます。出来ることだけをしましょう…。








スポンサーサイト
ジャンル : 心と身体

うつ病改善の具体策1

rakutenうつ3 


最近レンタルDVDが
安くなったと感じませんか?

私は“安い”に弱く、「期間限定・旧作80円!」
というような店の販売戦略に乗せられてしまいます。

このDVDは自分のペースで好きなだけ観ることができ、
気持ちを落ち着かせたり、気力を養うのに役立ちますね。

今日から、うつ病改善への具体策を…


このレポートで公開する方法は、
「すぐにしなければならない」
と思わないでください。

「なんだか面白そうだから、ちょっと試してみよう」
という気持ちになったときが実行チャンスなのです。

では、今日ご紹介する改善方法です。

=============
■ 海外旅行に出かけよう!
=============
うつ病になるきっかけは人それぞれですが、
共通しているのは「ストレス」です。

必ず精神的なストレスが働き、その後も
重くなったり軽くなったりしますよね。

このストレスを取り除く方法の一つが、
「海外旅行」なんです。

「そんなの無理!」って言われそうですね。

大丈夫。費用も手間もかけず、
自宅でできる 海外旅行なのです。

◆方法は・・・
まず、世界各地の映像を収録したDVDを用意する。
もちろん全世界のものを用意する必要はありません。

好きな地域、見てみたい国だけでもOKです。
出来れば、5種類程度あればいいです。

次に、静かな部屋で、ボーっと見るのです。
そうです、何も考えないでボーっと観るのがコツ。

目で海外旅行をしましょう。
脳は出来る限り働かせないようにします。

観る時間や回数は思いに任せてください。
嫌になったら止める。繰り返し観るのも気分しだい。

束の間、日本を脱出してみましょう。

実はこれ潜在意識に植え付ける効果があります。
地球という大きな空間にいることを思い出す方法です。

さて広い空間へ飛び出したら、今度は
人間本来リズムを取り戻してみましょう。

==============
■ 山と海を体に浴びせよう!
==============
人間は本来、大自然から生まれたもの。
人工物から生まれてはいませんよね。

しかし、普段の生活では
逆に人工物に囲まれています。

住居、食べ物、交通、情報・・・。

なので、気づかないうちに自然とのギャップが
体の中にストレスとして蓄積されていきます。

こんな経験ありませんか?

・ 森に入ると気持ちが落ち着く。
・ 山に登ると清々しい気分になる。
・ 海を見ると気持ちがおおらかになる。
・ 潮騒が子守唄になっていつの間にか寝てしまった。

これらの現象は、人間の奥底にある大自然の
安らぐ空間を感じている証拠。

分かりやすく例えると、他人の家から
自宅(自室)に 戻ったような安らぎなのです。

● 森に入る機会を意識的に作ってください。
● 時に、山のてっぺんから周りを見渡してください。
● 海辺へ出かけ、黙って波を見つめてみよう。

その時、こんなイメージをしてみてください。

◆ 今、大自然の波長を吸収しているんだ。
◆ 乱れた心と脳の波長をリセットしているんだ。

もしも、自宅から出られない状態が長く続くようなら、
誰かに大自然の映像があるDVDを用意してもらい、
静かに観ているだけでも効果はあります。

===========
■ 今日のまとめと追記
===========
今日の話をまず整理しておきます。

1.世界各地の映像・風景を眺めることで、
  現在の生活環境から意識を切り離す。

2.大自然の息吹を肌で感じると、
  乱れた体の波長を整える効果がある。

この2点に共通するキーワードは「地球」です。

人間は地球から生まれました。
人間は地球の上で生かされています。

この地球というものは、人間にとって
切っても切り離せない存在なんです。

これを普段の生活ではつい忘れてしまい、
人工物に 意識を奪われることで心が乱れます。

うつ病のきっかけは過度のストレス
あると多くの体験者は話します。

また、介護する家族にもストレスは、
少なからず 蓄積していきます。

ストレスを無理に取ろうとすると、返って
ストレスを意識し、深みに入ることがあります。

今日紹介しました、2つの方法はうつ病患者本人と
サポートする方
が同じように実践できれば効果は
3倍にも4倍にもなります。


今日お話ししたかったのは、意識を別次元の
環境に向けることにより、心と脳を少しずつ
本来のリズムに戻せるというものです。


うつ病を治療するための病院が
新たなストレスに なっていませんか?

「医者から言われるまま薬を飲んで大丈夫か不安」
「病院に通うのも億劫だし・・・」



今の治療に疑問はありませんか?









ジャンル : 心と身体

医者は占い好き?

004.jpg


最近、占いが多様化してきたように感じています。

今や、動物占いから始まって、犬占いや魚占い。
中には、回転寿司占いなんて言うのもあるらしい。

そんな占いでは、質問にYES、NOで答える
ものがよくありますね。

実は病気診断の際、
このやり方をする場合があります。

次は、うつ病診断の一例です。
うつ病本人への質問として占い感覚で
やってみてください。回答は、はい、いいえでOKです。


<質問>

Q1:
この2週間、朝から晩までほとんど憂うつな
気分が毎日続いている。
Q2:
この2週間は、毎日面白いこともなく動くのが億劫。
Q3:
急に食欲が減退または増加した。
Q4:
現在、自覚した睡眠障害がある。
Q5:
この2週間、動作や会話が遅くなっている。
または行動や言葉が荒っぽいと感じる。
Q6:
最近疲れやすく、気力がわかない。
Q7:
最近、物事の価値が分からない。または常に現状の
自分を責めることが多い。
Q8:
最近、思考力や集中力がなくなっていると感じる。
Q9:
「死」に関して考えることが増えた。
または、生きる気力がない。
Q10:
この2週間、気分爽快になったり、
活発に動いた記憶がない。
Q11:
仕事や家事をするのに困るほど、辛く
苦しい思いが続いている。
Q12:
上記の症状に、薬や他の病気は影響していないと思う。
Q13:
上記の症状は、愛するもの、好きだったものを
失った後も2ヶ月以上続いている。


<診断>
重度のうつ病には上記質問の回答で、
以下の条件 全てを満たすこと。

Q1,2のどちらかに「はい」がある。
Q3~9で5以上当てはまる。
Q10~13すべてが「はい」である。

*この診断方法は実際の医療現場で
使用されている ものを、簡略化したものです。
(原形はアメリカ精神医学会が作った診断マニュアルです)

実際の診断には、他にも様々な
検査などを行います。

しかし、医療というものも、
どこか占いと似たところがありますね。

もし、病院でうつ病と診断されても、
重く受け止める必要はありません。

うつ病の場合、正しく判断できる医者は
ほとんど、いないと思っていいでしょう。

・・・だって、うつ病経験者の医者は少ないし、
先ほどのようなマニュアルで判断(診断)される。


今回お話ししたいのは、 医者の判断に
完璧はないということです。

さらには、医学そのものにも完璧はありません。
ここで少しだけ医学の基本をおさえておきます。
============
■ 西洋医学と東洋医学
============
現在の日本には
大きく2つの医学が混在しています。

◆西洋医学の基本
一般に病院診療で行う治療はこの西洋医学に
基づいて行われます。

考え方としては、病気そのものを治療していくと
いう発想です。つまり、治療対象は病気(疾患)です。

ですから、病気の数だけ治療方法がある。
その影響から、患者は病院や診療科をたらい回しに
される事例がよくみられます。

(良い点)
・痛みや苦しみを素早く取り除く
・医療器具が充実している
・医療保険が適用される

(悪い点)
・障害となる部分を改善するだけ(対処療法)
・治療により他の病気が発生する可能性がある(副作用)

◆東洋医学の基本
病気は全身の体内パランス(自然治癒カ、免疫力)が
崩れ、 異常を起こしているという考え方なので
治療対象は病人の全身となります。

(良い点)
・体全体の機能を正常にしていく
・自然のものを体に取り入れるので副作用が少ない

(悪い点)
・改善、完治まで時間がかかる
・治療費や薬代が高い

◆病院の現状と今後

一部の病院では、西洋・東洋
混合の治療を行うところもあります。

この混合医療が、これからの日本の医療の
新たな分野になっていくことは間違いありません。

双方のメリットを生かした治療方法が患者にとって
良い方法という認識がようやく出てきたということでしょう。

うつ病も脳の病気ではありますが、
メンタルクリニックという位置づけで治療されます。

しかし、混合医療
うつ病治療には重要なんです…。


















ジャンル : 心と身体

ハワイでは、うつ病の人は極端に少ない?何故・・・

004_20140827181012ce2.jpg


今日は日本人が好きなハワイの話題からです。
ハワイは日本人にとって馴染みの深い場所です。

それは単に観光客が多いというだけでなく、
かつて日本人が多く移住し、ハワイ各地に
日本人としての文化を残しています。

例えばアロハシャツ。

日本人移住者が農園で働く時に着ていた作業着は
「パラカ」と呼ばれる開襟シャツ。

これは「絣(かすり)」に風合いがよく似ており、
日本人は好んで着用していました。

このパラカシャツがアロハシャツの
原型といわれています。

そんな日本と深いつながりのあるハワイでは
霊力(マナ)を大切にしています。

ハワイアンダンスに用いられるレイは、
自然から“マナパワー“を得る為の物として使われます。

一方日本では霊力は神社仏閣に集中しています。
参拝するのは神社やお寺ですよね。

しかし、太古の日本では森や大木、岩などを
ご神体としていました。 つまり、
“自然”のものに霊力があると…。


また、ハワイにも日本人移住者が建設した
神社やお寺があります。

そのような共通点や歴史から、日本人はハワイに行くと
落ち着いたり、ワクワク感が増すのかも知れません。

そのハワイでは、うつ病の人は極端に少ないのです。
なぜでしょう・・・?

この疑問を解明することで、うつ状態から脱出する
あるヒントが見えてきます。

============
■ ハワイと日本の違い
============
ハワイと聞いて
どんなイメージがありますか?

・ 太陽が輝く場所
・ 海とヤシの木
・ 大自然の宝庫
・ ウクレレ、ダンス

・・・どれも暗いイメージは
ありませんね。

日本とハワイのイメージの違いは、
基本的に「陰」「陽」という感じがしませんか?

「わびさび」に象徴される物事の深みに
文化や生活の豊かさを見出す日本。

一方「フラダンス」
象徴されるハワイの表現方法。

フラダンスは神々を崇めるための
神聖な儀式の一環 として生まれ,
現在でも引き継がれています。

大自然の営みを
大自然の中で表現するダンス。


この“陽”の部分がうつ病予防に、
なっていると考えられます。

さらに大自然を常に身近に感じる風土や
慣習がメンタル的に強くさせて いるのだと思うのです。

============
■ うつ病改善の考え方
============
ハワイの環境からみると次のような
うつ病改善策が考えられます。

1)大自然に触れる機会を増やす
2)太陽光を浴びる時間を増やす
3)物事を頭だけで考えず体も動かす

特に3つめは、うつ病患者にとって
非常に困難な 方法かもしれません。

しかし、人間の底力は想像以上なんです。

例えば、
・文字を書くことで手は動きます。
・メールを打つことで指は動きます
・絵を描いたり、塗り絵をすることで
 脳にイメージが残ります。


頭と体を動かすリハビリを考えてみてください。
3歳児が行うようなことからでも大丈夫です。


少しずつ体を動かすことが大切です


ジャンル : 心と身体

うつ病対策には音楽で波乗り?人間本来のリズムを取り戻す…

utu1.jpg 


はいっ、暫く間が空きましたが
もうお盆も終わりですね…。

如何がお過ごしですか?


今日も、うつ病対策といっても出来る限り
難しい内容は控えます…。

それは、あなたが今どのような状態かは
分かりませんし、学問的になると行動しないで頭で
考えてしまうからなんです。

うつ病に必要なことは、いかに体を動かし
人間本来のリズムを取り戻すかということです。

今日もその方向でお話しますね。

さて、あなたは音楽は好きですか?
人間にとって元々音楽は大切な存在なんです。

これはうつ病に罹っても変わりありません。

心に直接働く音楽は様々な精神疾患にも利用
されます。最近では、ヒーリング音楽という
ものも、よく聞くようになりました。

うつ病の場合はヒーリング音楽より、
リズムが重要な要素になってきます。

ハワイアンダンスでもリズムに合わせて、
手や腰を振り、ステップを踏みます。

このリズムが体と密接な関係にあります。

◆人間の体にある振動
難しい理屈は省略しますが、まず細胞は
常に振動していると思ってください。

そして、振動の発生元は心臓の鼓動です。

もう一つ、脳も振動ではありませんが
信号を発しています。
脳波は良く知られていますね。

そして、緊張すると心臓の鼓動が早くなるのは
脳と心臓が深く関わっている証拠です。

つまり、脳に適度な振動を与えると
心臓を通じて 体全体に振動が伝わります。

この振動が体に良いことは
次の事例でもわかります。

肩や腰などが痛むとき、マッサージ器具を
使って振動を与えると、痛みが和らぎますね。
低周波治療器なども売れているようです。

これらの事実から、人間には振動と
密接な関係
が、あるということが分かります。

さて、脳が乱れた場合、先ほどの
マッサージ器具に 代わるものが音楽なんです。

特にリズムが関係します。

◆うつ病患者にとっての音楽とは
これもハワイです。ハワイアン音楽は大自然を
想像させるとともに、体に適度の刺激を与える
リズムが多く取り入れられています。

ハワイアン音楽以外で
うつ病に効く音楽は、

・歩く速さ程度のテンポの洋楽
・リズミカルな器楽曲
・人を勇気づけるような明るい歌詞の曲

(例)

・「負けないで」ZARD

・「トゥモロー」岡本真夜
・「マル・マル・モリ・モリ!」薫と友樹、たまにムック
 他にアニメソングなど …

ちょっと選曲が古い?かな・・・(笑)


◆音楽を聴く方法と「落とし穴」

うつ病
患者にとって音楽は
善にも悪にもなります。

積極的に聴きたいときは、
もちろん直接流して問題ありません。

しかし・・・

何事にも関心のないとき、気力がないとき、
遠くで流れている感じのボリュームで流す。

出来れば本人のいない別室でかけるようにします。
そして細心の注意が必要な「落とし穴」があります。

本人が聴きたいと言っても、
次のような音楽は 極力避けてください。

・ 暗い曲や悲しい歌詞の曲
・ 激しいリズムの曲
・ 歌詞を浮き彫りにする曲

これらは精神的に負担が大きいので、
疲労して症状が悪化する場合があります。

BGMとしての音楽を心がけ、静寂な空間にしない
工夫と、脳を適度に刺激して、乱れた体のリズム
整える効果を求めていけば良い結果になります…。






















★生涯現役 男の自信回復サイズ増大特集
http://blog.livedoor.jp/xvae2813/
幾つになっても男は生涯現役でありたいと言うあなたの悩み解決
妻や恋人の喜ぶ顔が見たい!と言うあなたに役立つものを一挙大特集!
サイズUP ED克服 P増大 精力

ジャンル : 心と身体

食事療法と混合医療


 

最近、職場の近くに
メンタルクリニックが オープンしました。

ビジネス街に乱立するかのごとく、次々と
このような診療所や、○○セラピーショップ
などができています。

それだけ現代人は仕事においてストレスを
感じやすくなったということでしょうか。

でも利用する場合には慎重さが必要です。
まったく効果がないと判断したら、すぐに中止しましょう。


さて、うつ病についてのお話しですが、
患者本人も周囲の方も一番の悩みは
意思疎通がうまくいかないことだと思います。

お互いを理解しようと思っても難しいケースが
多いため、医者を介して分かろうとします。

しかし、医者はあくまで医療をする人。
決してアドバイザーではないんです。

だから、こんな不満が出ます。

・「私たちが求めるのは、病気の苦しさや辛さを
 理解してもらって、それに対するアドバイスです。 」
 

・「でも、されるのは薬の話ばかり・・・。」

・「患者との接し方を聞いても、細かなアドバイスはなく
 様子をみてください程度の話で終わってしまいます。」


この不満の原因はある認識の違いから生まれます。
うつ病「心の病」だと一般的に認識されています。

しかし、恋愛の悩みのような“心の病”なら、
カウンセリングが中心になりますが、実際は
薬をどうするかが中心の治療です。

・・・なぜ?

実は「脳の病気」と、
いうのが医学では常識なのです。

脳は体の一部ですね。
だから、薬で治すという発想なのです。

しかし、困ったことに特効薬はありません。
よく使われる「抗うつ剤」うつ症状
緩和が目的なのです。

またそれ以上、
効果のある薬はありません。

人それぞれ、程度や状況が違いますし、
本人の性格や体力にも関係しています。

なので、経験あるかもしれませんが、
通院のたびに、薬の種類や量が変わります。

薬で治らないのはこのためです。

ではうつ病を治す方法はないのかと
不安になりますよね。

大丈夫です。完治できます。元の生活に戻れます。

それには、本人も周囲の方にも
根気が必要です。

ただ「根気」は、さらなるストレスにもなりますので、
“生活習慣の改善”と受け止めてみましょう。


◆生活習慣改善へのステップ

<ステップ1>
生活環境を整えましょう。

・部屋に観葉植物を置く。
・窓のカーテンを緑か青系にする。
・朝8時までに窓から太陽光を入れる。

・・・これは、本人と家族全員に共通します。

<ステップ2>
心と脳のリハビリをしよう

・マンガや童話を読む。
・リズミカルな音楽を聴く。
・毎日5分間瞑想する。
初心者にオススメの瞑想方法はこちら
⇒ http://meditation.netabon.com/basis/index.html

<ステップ3>
食事を見直そう。

うつ病は体の病気なので病院では
薬を出しますが薬は副作用が必ずあります。
あくまで緊急の緩和策だということです。

副作用もなく改善に向かう
一番良い方法は食事療法なのです。

普段の食事を改善することで、薬に頼らないで
うつ状態から解放され、克服することも可能です。


うつ病の克服が、1週間程度で

できるとはあなたも思っていませんよね。

じっくり克服していくという心構えが結果的に
早く克服できるのです。

==============
■ 食事療法を取り入れた医者
==============
長い期間、副作用のある薬を飲み続けることは
決して良いことではありません。

そのことに注目し、西洋医学の豊富な知識をもって
新しい画期的な食事療法を中心とする病院があります。

この画期的な治療は、以前お話しした、西洋医学と
東洋医学の混合医療でもあるのです。

開発者は京都大学で西洋医学を学び、日本の病院勤務
を経て、アメリカへ渡り、そこで食事療法を研究し、

現在、肥満、糖尿病、精神性疾患の治療を専門にした
新しい治療方法の病院長でもあります。

薬なしで、自宅で克服できる方法です。
今の治療で疑問を感じる方は必見です。


※詳細は↓
⇒うつ病改善 ~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ












































※男の自信回復 貴方の悩み今すぐ解決
http://tq13uxxm.blog.fc2.com/
男特有の悩みを解決する方法、おすすめショップを紹介
ED解決 陰茎増大 精力剤
ジャンル : 心と身体

うつ病克服 副作用のない『薬』とは

こんにちは。

さて約束しました、薬に頼らず
うつ病治す方法をご紹介します。

このプログラムを考案者した「荒木裕」氏は現在
兵庫県にある「崇高クリニック」の病院長であり、
現役の医者として治療の前線に立ち、多くの患者を救っています。

この新しい治療方法のご紹介が、
今日のお話しのすべてになります。

しかし、内容を見ていただく前に、
少しポイントを 、おさえておきましょう。

====================
◆【荒木式】うつ病克服プログラムの疑問
====================
このプログラムには、3つの疑問があります。

●その1
病院で実践されているプログラムですが、
薬を中心にした治療方法ではないこと。

●その2
この「崇高クリニック」は本来、肥満症糖尿病,
生活習慣病を改善するための、食事指導と運動を
主体とした治療が専門です。

うつ病と、どのような関係にあるのか?

●その3
入院患者と同じ治療が自宅でできるのなら
入院するメリットはどこにあるのか。

さらにうつ病の場合は、入院と自宅療養の
どちらが効果的な治療なのか。

それらの疑問を解くキーワードが
“糖分”です。

====================
◆ うつ病の原因は糖尿病と同じだった?
====================
荒木先生が考案したこのプログラムは、
糖分が原因という観点からできています。

一般的には、うつ病の原因が精神伝達物質の欠乏、
つまりセロトニンが関係していると言われています。

抗うつ剤はこの対策として作られた薬なのは
よく知られています。

しかし、現在のところ本当の原因は
まだ分かっていないというのが事実なのです。

だとしたら、糖分が原因と言われても、
「違う」とは誰も言い切れません。

むしろ、人間本来の状態に戻すという意味では
正しいのかもしれません。


そのような予備知識を持って、この画期的な
うつ病克服プログラムを見てほしいのです。

【荒木式】うつ病克服プログラム

このプログラムを実践するには、本人だけでなく、
家族の協力が大切になってきます。

つまり、あなたが
助けてあげてほしいのです。

昔の元気な姿を望むのは
お互い同じです・・・。


今日は新しい治療方法を本人のためにも
あなた自身のためにも、じっくり検討してみてください。

詳細は↓

⇒ うつ病改善 ~ うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ




















































生活雑貨 本物の情報商材解説ブログ












ジャンル : 心と身体

脱出口は突然現れる!





こんにちは
前回は、画期的なうつ病改善方法、

【荒木式】うつ病改善プログラム
  を紹介させていただきました。

現代社会ではストレスが簡単に
溜まる 状況にあります。

またうつ病患者は増加の一途をたどり、
それに並行して、メンタルクリニックが
乱立状態になってきています。

医者不足だと言われながら、
儲かる病院は増えていくのですね。

病院が金儲けに走るとき、患者は大切な「お客さん」です。
商売でも「一見さん」より「常連さん」を大切にします。


ということは、少しずつ改善して長く通院してもらう方が
「儲かる良い患者さん(常連)」になるわけです。

「うつ病」の場合、特効薬もない原因も治療方法も
はっきり学問的に解明されたわけでもない。

このような状況でも、あなたは藁をもすがる気持ちで
病院へ行き薬をもらって医者の指示通りに飲む。

だから常連さんになるのです。

本人も周囲も今の辛い状況から脱出したいと
その出口を探すのですが、返って「焦り」
「疲労感」だけが増すという結果になってしまいます。

この状況をまとめますね。

・ うつ病は未だはっきりとした原因も
  治療方法も見つかっていない。

病院では薬を出して「常連」にする。
その薬も「特効薬」はなく、副作用がある。

1か月以上薬を飲んでも改善の兆しが見えないなら、
別の方法を試す必要があります。

その一つが↓
うつ病改善 ~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ ~

食事療法中心ですが、しっかりしたサポートもあり、
通院・入院はしなくてよい方法です。

薬漬けから解放されるだけでなく、
体に良いものを摂取するわけですから、

人間本来のリズムや自己治癒力
高める効果もあります。

うつ病から脱出することにこだわるより、
人間本来の状態に改善していく方法を探すことが
結果的に早く脱出口を見つけることになります。


これは体全体を正常に戻すためのプログラムですから、
他の部分も良い方向に持っていきます。

「良い副作用」があるのです。

・ダイエットできた
・血糖値が下がった
・高血圧が治った
・肌がきれいになった


家族全員で試す価値のあるプログラムです。



⇒【荒木式】うつ病改善プログラム公式サイト











ジャンル : 心と身体

光明が差し込むプレゼント。





こんにちは! 


私の“精一杯の贈り物”
受け取って頂けましたでしょうか?

そこで、悔いの残らないよう、
今日は重要な話をします。

あなたと大切な人の未来が
明るくなりますように。

=====================
■ 私があなたにお伝えしてきたブログの内容
=====================
うつ病克服に向けての大切な情報として、
私が伝えてきたコンテンツは以下の通りです。

○ 地球のパワーは癒しの宝庫
  
「地球を最高の精神安定剤とする方法」

○ うつ病チェックは占い師
  
「医者の診断に見る裏事情」

○ 日本とハワイの比較でうつが治る
  
「ハワイにうつ病患者が少ない理由」

○ 音楽は使い方で善にも悪にもなる
  
「音楽療法の大切さと落とし穴について」


私がこのレポートを通して伝えたかったのは、
一般常識と言われる情報もすべてが正しい
ということはないということです。

医者も病院も万全ではありません。
人それぞれ、生活環境や性格などは違っています。

そこで大切なことは、多くの情報をヒントに、
あなた自身が自分に合った解決策を見つけるということです。

私も父親がうつ病になって最初は病院に頼ったものの、
的を得た改善策や治療はありませんでした。

長い時間をかけて、試行錯誤を繰り返すうち、
父親に合う“ベターな方法”を見つけだすことができました。

何も“ベストな方法”を見つけなくても大丈夫です。

“ベターな方法”を一つ一つ積み重ねることにより、
元々備わっている自己治癒力が徐々に威力を発揮します。

あなたにとって“ベターな方法”を見つける
ために行うこととは・・・

◆ 情報を整理し、できるものから試す
◆ 人間にとって本来必要なものを見極める
◆ 勇気と愛情をもって本人と接し、状態を観る

この3つです。

そして、誰もが自宅で実践できる改善方法

⇒うつ病改善~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ ~

現代は、時間に追われ、人と人の距離が
近づきすぎて、ストレスが簡単に発生します。

普段ストレスを意識しない人ほど、
一気にうつ病などの体調変化がおきます。

介護疲れから、あなた自身が
体調を崩すこともあるかもしれません。


お伝えした内容は、うつ病患者だけでなく
家族をはじめ周囲の方にも効果のある方法です。

人間として自然(ナチュラル)な状態に戻すという
意味では、あなたも例外ではないからです。

私はこのブログの初期に、
こんなことを言いました。

>「頑張れ!」は本人を追い込むかもしれないから
>言うのなら「一緒に頑張ろう」が良い。

そしてあなたには・・・
「顔晴れ!」という言葉(文字)を贈ります。

なんだか笑っているように見えませんか?
笑顔を忘れず前向きに生きる。

・・・できますよね?


⇒【荒木式】うつ病改善プログラム公式サイト
 

一日も早く、うつ病を克服され、
  元の生活に戻れるますように・・・
ジャンル : 心と身体

08/28のツイートまとめ

tokio365

腰痛の元凶とは? http://t.co/2wfjbD3XkP
08-28 16:03

男の自信を失くした男のための精力剤リゼノール100E http://t.co/zBQ6gAP2pS
08-28 13:14

サイズ・活力で自信がみなぎる!男の新世代サプリ http://t.co/66oCcY0KpG
08-28 13:13

一時的に血圧を下げる5つの方法! 高血圧克服の方法 第5章 http://t.co/CdyuJMPCy1
08-28 13:12

一時的に血圧を下げる方法と高血圧に付いて  http://t.co/mOPEehFM8Q
08-28 13:12

【 うつ・不眠症解決 】
カテゴリ
最新記事
【 うつ病改善・回復 】
ユーザータグ

うつ病患者との接し方 改善意欲 共に歩く うつ病改善具体策,精神的ストレス,人間本来のリズム, 介護 実践経験 うつ病 克服 家族協力 治療方法 西洋医学と東洋医学, うつ病診断, 肥満症,糖尿病,生活習慣病改善,食事指導,運動 ダイエットできた,血糖値が下がった ,高血圧が治った ,肌がきれいになった 心の病,意思疎通,脳の病気, 緊張,心臓の鼓動,うつ病に効く音楽 混合医療,うつ病治療,睡眠障害, 霊力,マナパワー,文化,生活の豊かさ,メンタル,頭と体 ヒーリング音楽,人間,体,振動,精神疾患, 大切な人の未来,癒しの宝庫,勇気と愛情,笑顔を忘れず, 

リンク
携帯用アフィリエイト